個人再生※個人再生法とは?

個人再生※個人再生法とは?

個人再生※個人再生法とは?

個人再生法とは債務整理の方法の1つになります。
債務整理には借金を減額し、将来の利息を債権者との交渉により減らし、残りの債務を返済していく任意整理、全ての債務が免責となる自己破産などの方法が有ります。

この個人再生法とは、自己破産と同じく裁判所に対して申し立てを行い、個人再生手続きを行う事を意味しているのです。

自己破産と個人再生法とは一見似ているようにもイメージ出来るのですが、大きな違いはマイホームなどを処分することなく債務を整理していくことが出来る点にあります。

自己破産の場合、住宅などを所有している場合は競売にかけて住宅を処分し、競売で得たお金を債権者に分配して支払う事になるのが特徴です。
これに対して個人再生法は、住宅を守ることが可能になり、債務を整理していくことが出来ると言うメリットがあるのです。
因みに、個人再生法とは住宅を所有している人が住宅を処分することなく債務を整理することが出来るような仕組みを作り上げているもので、裁判所を通して手続きが行われるものの住宅と言うマイホームを守ることが出来ると言う特徴があるのです。

借金を減額し、残りの債務を一定期間の中で返済を行うのが個人再生法です。
そのため、返済を行えるための能力が必要になるわけですが、自己破産のように強制的に住宅が競売にかけられることは有りませんので、任意売却で住宅を処分し、処分したお金を利用して借金返済を行う事も出来ると言った特徴も有るのです。


ホーム RSS購読 サイトマップ