個人再生を司法書士に依頼あするメリット

個人再生を司法書士に依頼あするメリット

個人再生を司法書士に依頼あするメリット

借金の整理を行う事を決めて個人再生の申し立てをしたい場合、手続きに必要な費用が気になるところです。収入印紙代や書類郵送代などの実費の他に官報に掲載する費用や個人再生委員への報酬を含めるとだいたい30万円くらいはみておく必要があります。弁護士や司法書士に依頼をすると、さらに支払い報酬がプラスされて弁護士の場合は、30万~50万円、司法書士では20万~30万円ほどかかります。代理人を立てずに自分で申し立てをするとこれらの費用は浮きますが、書類を準備したり答弁を行う必要が出てくるため、依頼をしたほうが確実に対応できて、代理人を立てることで通常は25万円ほどかかる個人再生委員への支払いも、15万円くらいに減額されるというメリットもあります。
弁護士と司法書士では報酬額が異なりますが、違いはどこにあるのでしょうか。弁護士に依頼した場合は債務者の代理人として手続きを行うため、書類の準備や作成以外にも審尋という債務状況についての説明をしなければならない時に、債務者の代理で答弁できます。一方司法書士の場合、書類作成代理人として手続きを行うため審尋の同席はできますが、債務者に代わって質問に答えることはできません。受け答えなどは自分で行ってもよいので、支払い額を安く済ませたいといった場合には司法書士に、手続きの全てを行ってほしいという場合は弁護士に依頼するとよいでしょう。手続きにかかる費用などは分割払いの利用が可能なこともあるので、金銭的な面で不安や心配がある時には、無料相談を利用して弁護士や司法書士に確認することをおすすめします。


ホーム RSS購読 サイトマップ