個人再生と専業主婦

個人再生と専業主婦

個人再生と専業主婦

新しい人生をスタートさせるための第一歩を踏み出すことができるのが個人再生です。個人再生は裁判所を通して現在の借金総額の一部を免除してもらうことを認めてもらい、残りの借金を原則3年間で返済するという制度です。個人再生するためには債権者の同意を得る必要もありますから、再生計画案をしっかりとたてなくてはいけません。しかしきちんと計画通りに返済していけば3年後には借金のない生活をすることができるのです。ただし毎月の返済を途中で滞らせてしまうと債権者から督促などがすぐに来る可能性が高いので気をつけましょう。

また専業主婦の場合は個人再生することは難しいと考えておくほうが良いです。夫が収入の中から毎月返済金を出しますと約束したとしてもです。しかし専業主婦とはいってもパートなど収入などが少しでもあって、夫の収入も合わせて家計全体で返済が可能であれば個人再生をすることが可能な場合もあります。しかしできれば専業主婦の方自身が収入を得られるようにアルバイトやパートなどを少しでもして安定した収入を得るほうが間違いないです。しかも個人再生をするには債権者の同意が必要になります。もし多数の反対意見があった場合はこの計画自体が失敗してしまう可能性が出てきます。お金を貸した側としては少しでも戻ってきたほうがうれしいのですから、ほとんどの場合反対する債権者はいません。しかし収入がない方であれば返済も不安定にされる可能性があり、反対する債権者が増える可能性もあります。ですから少しでも信用してもらえるように行動するのが良いでしょう。


ホーム RSS購読 サイトマップ