個人再生と無職

個人再生と無職

個人再生と無職

個人再生とは2001年から始まった比較的新しい制度で、借金苦によってどうしても生活がやっていけなくなってしまった時に一部の借金を免除してもらい、残りの金額を原則として3年間で返済していくというものです。裁判所を通す必要があります。個人再生であれば自己破産とは違ってマイホームがある場合、手放す必要がありません。しかし住宅ローンは個人再生できないのでこれまでと同じように毎月返済していく必要があります。養育費なども免除してもらうことはできませんのできちんと決められた額を返していかなければいけません。

また個人再生は免除してもらって残っている金額は返済していかなければいけないという制度なので、無職の場合は個人再生できないということになります。安定した収入が求められるので無職では返済できるあてがないということになってしまいます。安定した収入といってもアルバイトやパートなどでも問題ありませんので、無職の方はまずはとにかく収入を得るようにするのが先です。ただしアルバイトをしているといっても短期のアルバイトを繰り返しているようでは安定しているとはとってもらうことができず、個人再生できないこともありますので気をつけましょう。それも難しい場合は借金を完全に0にすることが可能となる自己破産をすることをすすめられる可能性が高いです。自己破産になってしまうと自宅も手放さなければいけませんから引っ越しも余儀なくされてしまいます。


ホーム RSS購読 サイトマップ