個人再生をした時に官報に掲載される情報って?

個人再生をした時に官報に掲載される情報って?

個人再生をした時に官報に掲載される情報って?

個人再生は債務整理の手段の一つであり、法律によって認められた手段でもあります。
しかしながらいくら法律によって認められた手段であるとはいえ、個人再生の手続きが完了した後には債務が減免されることとなるのは間違いありません。
債権者にとってみれば将来的な利益を大きく失うことに繋がるわけですから、個人再生の事実は官報に掲載された上で、全国に対して告知されることとなるのです。
さて、それでは個人再生に関して官報に掲載されるのはどういった情報なのかというと、これは「氏名」と「住所」の二つが掲載されるとされています。
電話番号や年齢などが掲載されるということはありませんし、ましてや顔写真などが掲載されるというようなことは絶対にありません。
そのため個人再生の事実が官報に記載されたとしても、そこまで不利益を被るというような事態に発展することはないと考えて良いでしょう。
そもそも官報を毎日読んでいるというような人はほとんどいないのが現実であり、読むとすれば、債務・債権に関する業務をしている人や法律関係の仕事に携わっている人などの場合に限られます。
ただ注意をしたいのが、個人再生の情報は原則として、「再生手続き開始」と「書面決議に付する決定」、「再生計画認可」の三段階において官報に掲載されるということです。
何事もなく順調に個人再生の手続きが進んだというような場合には「三日間連続で掲載される」というようなことも少なくありませんから、手続きを開始する際には「場合によっては三日連続で官報に名前が載ることもある」というように考えておきましょう。


ホーム RSS購読 サイトマップ