個人再生を行った場合、気になる住宅ローンの行方・・

個人再生を行った場合、気になる住宅ローンの行方・・

個人再生を行った場合、気になる住宅ローンの行方・・

個人再生とは債務整理の一つの方法で、債務の金額をおよそ5分の1に減らすことが出来ます。他の債務整理の方法と比較すると、任意整理よりは債務の削減額は大きいですが、全ての債務が免除される自己破産よりは削減効果が小さいです。手続きは裁判所を通じて行い、裁判所に認可される必要があります。
個人再生は債務を大幅に減額することが出来ますが、同時にデメリットも存在します。他の債務整理と同様に個人信用情報に事故情報として5年間は記録が残りますので、新規の借入を行ったり、クレジットカードを作ったり、保証会社を保証人とする住宅を借りられなくなったりしてしまいます。また残り5分の1の債務は返済を行わなければいけませんので、収入があることが条件となります。
個人再生をする上で気になることが、財産をどれだけ手放さなければいけないかということです。最大の財産である住宅ですが住宅ローンの返済中の場合は、個人再生における住宅資金特別条項と言う制度があるため、住宅を手放す必要はありません。一般的に住宅ローンを組む際には対象となる物件を担保として融資を受けます。その為もし住宅ローンの返済が出来なくなった場合には、住宅を売却してローンを返済しなければいけません。しかし住宅は単なる財産ではなく生活の基盤となるものですので、個人再生においては住宅を手放す必要がないように制度が設けられております。
ただし住宅を手放さずに済む代わりに、従来通りローンの返済は続けていかなければいけません。決して住宅ローンの債務が減少される訳ではないことを認識しておく必要があります。


ホーム RSS購読 サイトマップ