個人再生のスケジュールと返済計画の注意点

個人再生のスケジュールと返済計画の注意点

個人再生のスケジュールと返済計画の注意点

個人再生は弁護士の力を借りて借金の完済を目指す方法です。自己破産とは違い公に名前が公表されることもないので今の生活を維持したまま借金を整理できると利用者が増えています。個人再生は弁護士と債権者、依頼人の中で話し合いが持たれ、返済額の減額、返済期間の延長、きんりの再計算が話し合われます。返済額の減額はほぼ行われないことが多いですが、過払い金があった場合には最初に処理が行われます。個人再生はスケジュール管理が大切と言われていますが、一般的には申し込みから半年から1年程度は返済計画が実行されるまでに時間がかかるので注意が必要です。また、返済計画についてはスケジュール上は最後の処理となり、まずは債権の確認、債権者との話し合いが行われます。債権についてはすべての債権が対象となりますが、返済計画においてそのまま返済を続けることもありますのですべての債権者と話し合いが持たれるということはない場合もあります。個人再生のスケジュールでもっとも大切なのが収入の確定と生活費の確定です。定期収入がある場合は問題ありませんが、複数の収入で生計を立てている場合には収入を継続させられるかが重要になり、不安定と判断されると個人再生ができないこともあるので注意が必要です。サラリーマンなど定期収入がある場合には生活費を計算した上で5年以上の時間をかけて返済をしていくことになりますが、金利の再計算を行うことが多く、返済額は減らされることが多いです


ホーム RSS購読 サイトマップ