個人再生を弁護士に依頼するメリット

個人再生を弁護士に依頼するメリット

個人再生を弁護士に依頼するメリット

個人再生は、自己破産を避けたい場合に用いられる手続きで、主に家などを所持している方が用いる方法です。
個人再生を選ぶメリットは、家などを残したままの状態で他の借金を整理できることです。
個人再生には、小規模個人再生と給与所得者再生の2つがあります。
小規模個人再生は、継続的に収入が得られることと、債権の総額が5000万円未満であれば利用できます。借金の総額が最大で5分の1まで減額されます。
返済計画に対して、債権者の過半数以上の同意とその債権者が再生債権額の過半数を有する必要があります。
住宅ローンを除いて借金の総額の5分の1か100万円の多い方を、3年間で返済することで残りの借金が免除されます。
給与所得再生は、サラリーマンのように確実に安定した収入が得られることと、債権の総額が5000万円未満であることです。債権者の同意は不要です。
返済額は、税金などを差し引いた給与金額の2年分です。この返済額は、小規模個人再生の条件より高額である必要があります。
個人再生の問題は、手続きの複雑さと返済義務が残ることです。
手続きが複雑なため個人で行うのは難しく、司法書士や弁護士などに依頼する必要があります。司法書士や弁護士に依頼する場合、報酬を支払う必要があります。報酬額は、弁護士事務所などによって異なりますので安くすませたい場合や迅速に行いたい場合など、必要に応じて事務所を選びましょう。
返済義務が残ることで3年間の返済計画通りに返済できなければ、手続きは無効となる可能性がありますので注意が必要です。


ホーム RSS購読 サイトマップ