個人再生のメリット・デメリットとは何か?

個人再生のメリット・デメリットとは何か?

個人再生のメリット・デメリットとは何か?

個人再生

 

借金の返済がかなり難しくなった場合は債務整理で借金の問題を解決していく道を選ぶ方が多いですが、できるだけデメリットは抑えたいと考える方も多いのではないでしょうか。
自己破産の場合は借金がなくなることはメリットですが、そのかわり、職業や資格に制限が出る、家などの大切な財産は手放さなくてはならないなど、デメリットもまた少なくありません。
特にマイホームを失うことはダメージも多いですから、できることならマイホームは守りたいと考える方も少なくないものです。

 

そういった場合は個人再生という方法があります。これは住宅ローン以外の債務を減額してもらうことで、住宅ローンはこれまでと同じように支払っていくことができますので、住宅が守れるのは大きなメリットと言えます。
そして個人再生の場合は自己破産のように借金の理由が問われることなく手続きを行っていくことができますし、職業の制限がありませんので、手続き中に仕事を失うという心配もありません。

 

そして、個人再生を行う場合はそのメリットだけではなく、デメリットもよく理解しておく必要があります。
デメリットとしては、借金はすべてなくなるというわけではありませんので、しっかり計画を立てて完済していかなくてはいけません。
さらに自己破産ほどのデメリットはなくても、やはり個人再生をしたという情報は信用情報機関や官報に載ることとなります。
そして裁判所での手続きが必要ですので、知識がないと個人で手続きを進めるのは難しいものがあります。

 

個人再生のデメリット

 

多額の借金を抱えてしまい、毎月利息の支払いに追われる日々は心身ともに辛いものです。
利息だけで支払い続けても、元金が減らなければ借金は減りません。
借金で苦しんでいる人を助ける救済手段がある事をあまり知られていません。
それが、債務整理です。
債務整理とは、法的に借金を一度見直して無理のない生活を送る事が出来る借金で困っている人を再生させる方法です。
債務整理の中には任意整理・個人再生・自己破産の3つの方法があり、自分に合った方法を選択する事が出来ます。
その中の個人再生は、マイホームをお持ちの方にメリットのある債務整理の方法です。
個人再生は、自己破産とは違ってマイホームを残す可能性があるのが一番のメリットです。
借金の金額も裁判所での手続きを通じて現在の借金のうち一定の金額を返済する事で残りの借金を免除してもらう方法です。
業者からの取り立てや催促が無くなるのも、精神的に楽になる事が出来て大きなメリットです。
しかし、個人再生にもデメリットはあります。
そのデメリットは、個人再生は誰も適用されるわけではなく安定した収入がある人という条件があります。
それは、借金が全額免除されるわけではなく支払いを続けなければいけないからです。
またその他のデメリットは、国が発行している官報に名前が掲載される事と、個人再生を行うと信用情報機関に事故情報が登録されて通常5年から7年通常の借入やクレジットカード等の利用が出来なくなります。
デメリットはありますが、マイホームを守る事が出来て借金が減額されるという大きなメリットを考えれば個人再生の手続きを行う事の方がメリットはあります。

 

債務整理の手続きを済ませる事で借金が楽になる可能性があります。
その為、借金苦になっている際には活用してみるのも良いと言えますが、債務整理はいくつかの種類に分ける事ができます。
その一つが個人再生ですが、メリットもあればデメリットもある手続きです。
個人再生のメリットとしては、まず借金が5分の1にまで減額される可能性があります。
裁判所に申請を行い、無事に認可された時には借金を減らしてもらう事ができますので返済が厳しい時に役立ちます。
ただ借金がゼロになった訳ではありませんので、3年~5年程度の期間を掛けて返済をしていく必要があります。
メリットとして財産を手放さずに済む事も挙げられます。
債務整理には自己破産もありますが、自己破産をした場合は住宅を取り上げられてしまう事がありますが、個人再生の場合は住宅をそのまま残せる事があるのです。
その為、債務整理をした後の暮らしが厳しくなり難くなると言えます。
個人再生にはデメリットもあるのですが、まずブラックリストに載ってしまいますので、新たに借金をする事はできませんし、クレジットカードなどの審査にも通らなくなってしまいます。
しかしながら一定の期間を過ぎればブラックリストによる制限は無くなります。
デメリットとして収入が無いと手続きをする事ができない点です。
借金を返済する事が前提の手続きとなっていますので、返済能力が無い場合ですと、そもそも個人再生の手続きをする事はできません。""

 

自己破産の場合は借金がなくなることは最大のメリットですが、そのかわりに財産を失うなどのデメリットもあります。
自宅など価値のある財産を持っている方の場合は他の方法を選ぶことで、不動産などの大事な財産を守っていくことができます。

 

自己破産以外では個人再生や任意整理がありますが、中でも任意整理はメリットの多い方法として知られています。
まず自己破産や個人再生の場合は裁判所を通した手続きが必要で、それゆえに時間もかかり、手続きが難しいこともありますが、任意整理の場合は裁判所の手続きがなく、直接債権者と交渉することができますので、手続きもより簡単となり、スピーディーな解決が期待できます。

 

さらに整理したい借金を選ぶこともできますし、過払い金があればそれを取り戻すこともできますので、それだけでもかなり借金を減額することができます。
職業や資格の制限はなく、財産が差し押さえられることもないなどもメリットと言えるでしょう。

 

デメリットは、債権者が交渉にすんなり応じてくれない場合もあり、こうした場合は専門家のサポートも必要となってきます。
さらに、借金はかなり減額できるものの、なくなるわけではありませんので、返済計画はきちんと立てておく必要があります。
任意整理をした情報は信用情報に掲載されることとなりますので、数年間は新たにカードを作ったり、借金をすることは難しくなります。

特集Y1_top1

ホーム RSS購読 サイトマップ